アラサー共働きの子育て記録

東京で暮らすフルタイムワーママの子育てや仕事のはなし。

復帰直後の働き方

人事と復帰前面談。復帰後の働き方について相談しました。

 

これから通う保育園は満1歳になるまで延長保育ができないため、18時15分にお迎えに行かなければなりません。おまけに、8カ月になるまで朝はクラス保育の始まる8時30分からしか預けられないので、夫と協議の結果最初の2カ月間は私が送りも迎えもやることになりました。

 

職場から保育園は50分。定時で向かってもお迎えには間に合わないので、朝夕30分ずつの育児時間を適用することに。これでなんとかまわせるだろうか。送りはまだしも迎えは帰宅から入浴、離乳食、寝かしつけまでの怒涛の数時間を5日間毎日なんて。ワーママのスケジュールによくある、寝かしつけた後に仕事!って絶対無理な気がするけどそこでやらなきゃ他に時間がないんですよね。。

 

 

元上司、同僚の相次ぐアメリカ転勤により、日本法人の営業は一時的にかなりの手薄状態。復帰後の目の回りそうな忙しさが容易に想像できますが、マミートラックに乗ってモチベーションがた落ちしちゃうよりマシだなぁ。

復帰早々に海外出張の打診もあり、いきなり?!と驚きつつも、子育てしていても変わらず仕事を振ってもらえる喜びの方が大きく、なんとかして行く方向で調整するつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

人事との面談に、せめて少しくらいビジネスっぽい格好を、と思い、妊娠前に履いていたパンツ(産後1カ月くらいで履こうとして、ぽっこりお腹がつかえて履けなかったやつ)が履けたときの喜びといったら。。妊娠前の体型を取り戻しつつあることがものすごくうれしいです。そのパンツにはすぐに息子のよだれがかかりましたが。