30代共働きの子育て記録

東京で暮らすフルタイムワーママの子育てや仕事のはなし。

ライフプランニング

一度作って安心したー終わり。ではなく、ライフプランニングシートの精度を上げる努力をしている。

 

家を買うならいつ、どれくらいのお金をかけて?

 

子ども3人目いけるのか?(まだ言ってる)

 

ゼロで死ぬ以前に、マイナスの状態になる年がないか?(特に大学進学から大学院卒業まで最も子ども達にお金がかかる約10年間)

 

家の購入については、東京に住んでいる限り絶対に買わない、という夫婦の共通認識があるので、最も現実的な家を購入する可能性というのは、Uターン移住した際、夫の実家の敷地内に建てる、というもの。

 

Uターン移住は、すなわちそこでの働き口があるかが問題になるので今すぐどうにかなるものではないものの、住宅ローンを組むなら40歳までには決めたいところ。東京での住まいは、あと半年で2回目の定期借家契約が切れるのでソワソワしていたが、幸いにもこのまま普通借家契約への移行で住み続けられると分かりひと安心。

URで3年の定期借家契約(周辺の家賃相場の3割引)を家賃据え置きで1回延長させてもらった上に、今後も周辺の家賃相場に比べまだまだ安い家賃で契約させてもらえることになったので、家賃高い東京から一刻も早く脱出せねば!という気持ちにはあまりならず。

こんな感じでのらりくらり定年まで東京にいて子ども達が巣立ったらUターン、というのもありなのかもなぁ…その場合今の夫の実家をリフォームするなどして暮らすんだろう。その時私、夫についていくのかなぁ(他人事)

 

 

『人生で一番大切なのは思い出作り』という観点で言うと、私の希望だけを言うなら、私はやっぱりもうひとり赤ちゃんを産み育てたい。でもそれと、子ども達にどこまでお金と手をかけてあげられるかは常にトレードオフで、だからこそ考え始めてかれこれ2年近く経っても悩んでしまう。赤ちゃんが一人増えれば、必然的にイチタとニコにかけられる時間が減る。よくよく考えていくと私がお金と同じくらい心配しているのは手をかけてあげられる時間や気持ちの余裕が削られることなのだ。

 

イチタやニコの赤ちゃんの頃の写真を見返してはこんな可愛い赤ちゃんまた抱っこしたいなぁ、と想像してみたり、妊娠中のゾンビ状態や身体に起きるネガティブな変化の数々を思い出しては無理無理…と思ったり、最近は、小さくて可愛いものなら、赤ちゃんじゃなくても例えば猫とかで満たされたりするのか…?とも思ったりしている。

 

去年も面接してたのこのくらいの時期からだったが、今回は転職エージェントから移住先が勤務地の企業の紹介があり受けるか悩んでいる。

 

さてどうしたものか。