アラサー共働きの子育て記録

東京で暮らすフルタイムワーママの子育てや仕事のはなし。

育児を他人に頼るには

先日体調不良の時にまる1日ベビーシッターを頼もうとしたらめちゃくちゃ高くて諦めたのですが、やはり親が体調を崩した場合、元気な子供たちの面倒を見ながら治していくのはかなり無理があります。

 

今回は夫婦で共倒れのリスクを負いながらも綱渡りで乗り越えた(ている。。)のですが、結果として家族で一番弱いニコにも風邪をうつしてしまったので、これは親として最悪最低な選択でした、猛反省。

そこで次回はもう躊躇なく他人に頼ろう、と決意するとともに、ベビーシッターの前に、区のファミリーサポート事業に頼ってみる、という選択肢も検討してみようと思い立ち動いてみました。

 

イチタの育休中に登録して一度だけ利用したものの、その後は保育園に行きだして夫婦だけでなんとかなっていたので全然利用していなくて、サポート会員さんとのコネクションもわずかひとり、という状況でした。なので今回改めて新しいサポート会員さんを紹介してもらったりして、これから積極的に利用していくつもりです。

区のファミリーサポート事業では、病児は預かれないものの、親が病気で子どもが元気な場合はサポート会員が了承すれば預かってもらえます。しかも平日1時間800円、休日も1時間900円という破格の安さ。そして今回は預ける予定だったニコが発熱したことにより当日キャンセル、という申し訳ない結果になったのですが、そのキャンセル料も1時間分のみという衝撃の安さ。これ、サポート会員さんのモチベーションって、もうボランティアですよね。。本当申し訳ないけど、ありがたい。。

一方ベビーシッターはというと、私が利用しているキッズラインでは、乳児がいるとだいたい1時間2,000円はかかり、複数の子どもの保育、また保育園の送迎などは別料金、親が病気で子どもが元気な場合も病児扱いで、感染症でない旨の診断書が必要だったりと事前準備が必要。そのかわり、ベビーシッターを選べば病児も預かってもらえるし、看護師資格を持った方などもいる。キャンセルは2日前まで無料で、それ以降はキャンセル料が発生し、当日は100%です。うん、普通こうでなきゃやってけないよな、と思う。中には現役保育士をしながら、空いた時間にベビーシッターをやっている方もいて、いやもう、尊敬しかないよ。。

 

とにかく、これだけのサービスを利用しない手はない。多少お金がかかっても、家族の健康が最優先。

風邪を引いてから初めて利用しようとすると心理的なハードルも高くなってしまうので、復帰前に少しずつ利用して慣れておこうと思います。

育児を夫婦だけで回すのは限界だと気付いた

2年前にイチタを産んでから、免疫力が下がり続けているなぁと改めて実感している今日この頃です。

ニコ妊娠直前は喉風邪をこじらせて肋骨骨折、肺炎にまでなったし、ニコ妊娠中もつわりによる体調不良に始まり、しょっちゅう寝込んでいました。

この冬は暖冬でインフルエンザもそれほど流行しているわけではない(世間はコロナウィルスで大騒ぎしているが、かかりつけの医師に言わせると新しいウィルスの型だからかかりやすい人が多いだけで、かかった時どうするのかは普通の風邪とほぼ同じだし、健康な人ならしばらく安静にしていれば治る病気、ということらしい。)のに、私はただの風邪をもう3週間もこじらせています。

 

二児を抱えながらの体調不良は本当にしんどい。健康な時だって、ちょっと無理しないとやっていけないのに、イチタやニコの抱っこ、抱っこしながらの移動、保育園の送迎、ミルクや食事の介助、お風呂から寝かしつけ、二児に挟まれて寝落ちし、夜中にイチタの寝言に起こされたり、ニコにミルクをあげるとそこからなかなか眠れない日々。。風邪をひいた状態でこれらをこなしていたら、治るものも治らないだろうなというのは冷静になると当然な気もします。

ということで一切の家事育児を夫に丸投げして2日ほど寝室に引きこもって存在を消し、寝たきりにしてみたのですが、それでもいまいちすっきり治らない。

 

夫も何日も仕事を休むわけにいかないので、もうこれは他人に頼るしかない!とベビーシッターを探すと、、6か月乳児の世話と、2歳5か月幼児の保育園の送迎、7時間で3ー5万円はかかる。た、高い。。それなら身体にムチ打って無理した方が良いんじゃないかとまで思ってしまうけれど、逆にいうと私は普段これだけの金銭価値のあることをしているんだと感動さえ覚える。仕事してる時の時給より高いよ。

結局ベビーシッターは諦め、薬と気力でなんとか保育園の送迎を再開したら、保育士さん達から口々にパパ頑張ってましたよ!!と言われ、なんかモヤモヤ。。。いやそれ私毎日やってるし同じことベビーシッターに頼んだら夫の時給も超えるんで夫が休んで対応した方が合理的なんですよ。。。という言葉を飲み込んだ私、おとなだ。偉い。

 

 

今回の教訓。分っちゃいたけど、子育て中の夫婦は風邪ひいちゃいけません。そして、片方がダウンしたら容赦無く見切りをつけ(薬飲んで寝て一刻も早く治すことに専念させる)、片方は即白旗あげて全力で他人に頼ること。

【第2子】保活終了、復帰が決まる。

まぁまず大丈夫だろう、と思っていたものの、気になっていたニコの保育園。無事にイチタと同じ保育園に内定しほっとしています。ニコはイチタと同じように生後7ヶ月で保育園生活を始めます。

 

区の保育園申請状況を見ると、0歳児クラスは定員に対して第一希望にしていた人は定員未満で、選定は希望順に決まるものではないものの、夫婦フルタイム、祖父母遠方、兄弟加点がある我が家はまず落ちることはない、という状況でした。ひとつ上の1歳児クラスに目を向けると、定員に対して第一希望にしている家庭の方が多く、兄弟加点があっても入れるかどうか、最後は世帯年収で決まるような微妙なところか、といった感じでした。もちろん年度によって差はあるでしょうが、やはり最低学年で純粋な定員が多い(持ち上がりがいない)0歳児で預けることにして良かったな、と思いました。

 

今回の妊娠が分かった時、今回は育休長めに取ろうかな、、なんてちらっとでも考えていましたが、実際に育休が始まってみるととんでもない。イチタの登園後にニコと二人でお出かけ、なんて妄想していた私、甘かった。区の定めで親の育休中は上の子の保育時間が短くなるので、お迎え後のイチタの相手をする体力を残すためには本当に近所しか出歩けないし、体力有り余るイチタのお迎えから帰宅までの暇つぶしに毎日とても苦労しているので、こんな生活をあと1年以上続けるくらいなら、早々に復帰した方がよっぽど楽だし稼げるし私の精神衛生上もそうすべきだ、と痛感しました。

 

子どものことを考えても、早くから預けて良かったことはあっても悪かったことは一つも思い当たらない(風邪をもらうことさえ、免疫力を上げさせてもらっている!と思えるようになった)ので、我が家はこの選択が最良だと胸を張って言えます。

 

復帰後の仕事は、元いた部署が景気が悪く戻るポジションを用意できないということで、別の部署に異動することになりますが、それも新しいことを学べる機会とポジティブに捉えて。子どもが小さいうちは、ライスワーク万歳。一家四人、満足に食べていくために稼ぐのだ。(特に我が家は夫婦二人の時からエンゲル係数高めなのでなおさら。)

 

いよいよ4月から始まるワーママ3年目、2児を抱えてがんばります。

赤ちゃん返り

1歳11ヶ月。ある夜突然ママがいなくなったと思ったら、赤ちゃんと一緒に帰ってきて、お兄ちゃんになったイチタ。

 

ニコが泣くと私や夫がオムツを変えたり、ミルクをあげたりするようだ、ということに気がつくと、ニコが泣いた時や授乳中に明らかに挙動がおかしくなるようになりました。

 

授乳を中断しなければならないようないたずらをこれ見よがしにしようとする、それまでひとりでご機嫌で遊んでいたのに、急に不安そうな顔で抱っこやおんぶを要求する、ミルクを飲むニコを叩く、などが主な赤ちゃん返りの具体的な行動だった気がします。

 

そんなイチタの様子は明らかに赤ちゃん返りだと分かったので、極力叱らず、叩くようなら逃げて、ニコは今まだ自分では何もできないことを辛抱強く言って聞かせ、イチタがおっぱいやミルクを飲みたいと言えばかなえてあげて、出来る限りイチタのやりたいことをひと通りやらせてあげました。すると、

 

ママのおっぱいもミルクも咥えてもあんまりでてこないし、別に美味しくない。

 

ニコは世話が焼けるやつで鬱陶しいが、ニコのせいで自分がないがしろにされるわけではなさそうだ。

 

ということを2カ月ほどかけて学んだようで、ニコが3カ月になる頃にはだいぶ落ち着きました。

 

今回私の胸は母乳が出始めても前回のような、きゅーっと母乳が作られている感覚や、授乳時間が近づくとぱんぱんに張って痛い、などということがなく、痛くなくてよいのだがちゃんと出てるのかな?という疑念が常につきまとうのが嫌で、2カ月に入る頃、もうやめようと意図的に完全ミルクにしました。

イチタも私がおっぱいをあげるよりも、ミルクをあげている時の方が、ご飯食べてるのね、とすんなり理解しやすいようで、授乳中の赤ちゃん返りは完全ミルクにしてからかなり落ち着いた気がします。

 

最近は自分はニコの『お兄さん』(イチタにとって最高にかっこいいやつの象徴)なのだ、としっかり認識しているようで、保育園にイチタをお迎えに行くと、いつもクラスの女子達が赤ちゃん〜!とニコを可愛がりに来てくれるのですが、イチタは最近『おれのいもうとに気安く触るな〜!』くらいの勢いでニコを守りにやってきます。

とはいえまだまだ甘えん坊で、疲れた時などはニコを押し除けて抱っこをせがんできたりするので、出来る限りこたえてあげたいな、と思う最近です。

帝王切開の傷跡

2017年9月、初めての出産は逆子と低体重の可能性のため、大学病院での帝王切開でした。

 

術後は、大きな絆創膏が貼られ、産後1ヶ月検診でそれが剥がされてからは、医師の勧めもありケロイド防止のためシリコンタイプの絆創膏を1-2ヶ月続けました。それでも、切ったところを中心に幅5ミリ程度のミミズ腫れのような赤みは残り、産後1年以上経ってからも時々チクチクとした痒みを生じていました。特に次の妊娠中の痒みは酷かった。。

 

2019年8月、リスク回避のため2回目の出産は胎児の状態によらず帝王切開でした。トリミング法といって、前回の帝王切開の跡をなぞるように切ります、と説明がありました。

 

驚いたのは、その縫合の美しさと、術後の傷の治りの速さ。入院中に診てくれた医師や看護師は口々に『とってもきれいに塞がっていますよ』と言っていたけれど、術後すぐは傷口をじっくり見る体勢ができず、へぇそうなんだ、程度でしたが、2ヶ月、3ヶ月経ち、その綺麗さに驚く。ケロイドになっていないし、乾燥の季節になっても、痒みもまったくない!横に15センチくらいの細い細い一本線が入っているだけ。痒みはないけれど、医師の勧めに従い、保湿は続けています。

 

こんなに綺麗に仕上げてくれて、今回執刀してくれた医師にとても感謝しています。

前回は赤ちゃんが出てから手術終了まで眠らされたのですが、今回は最初から最後まで意識があり、時計が見えたのでずっと見ていました。思い返すと、麻酔が効き始めて手術が始まってから15分で赤ちゃんが出てきたのに、そこから縫合が完了するまで1時間近くかかっていたのと、執刀医が向かいに立つ研修医に、いかに綺麗に仕上げるかについて語る声がうっすら聞こえたので、実験台として丁寧に綺麗に仕上げてもらったのかなとも思います。

 

3人目、まだ妄想レベルで欲しいなぁ、とぼんやり考えていますが、次もこんなに綺麗に仕上げてもらえるのか、いらぬ心配を今からしています。

【第2子】生活リズムの教科書は第1子

ニコは生後4ヶ月を迎えました。

イチタの時は、1ヶ月に1冊、フォトブックを作るのには充分過ぎる写真を撮っていたのですが、ニコは2ヶ月に1冊にしてもなんとか作れるかどうかというレベルで本当申し訳ない。。

 

日々は目まぐるしく過ぎていき、写真にも動画にも全然残せていないけれど、イチタもニコも毎日私を癒し、笑わせてくれる存在です。とはいえまだまだ手のかかるふたり、お世話に疲れすぎて夫に八つ当たりする日もありますが、仕事が忙しいながらも一生懸命家事育児に貢献しようとしてくれる夫には感謝しています。

 

さて、生後2ヶ月を過ぎたあたりから、なんとなくねんねトレーニングを始め、夜通し寝てもらえるよう日中の睡眠時間やミルクのタイミングには気をつけています。ニコの生活リズムづくりの教科書は、イチタに引き続き今回も参考にするジーナ式と、なにより頼りになるのが、イチタの育児日記。

ジーナ式をまじめにやろうと最初からがんばりすぎると疲れるので、イチタの育児日記を見ては、この頃はまだ夜通し眠れなかったのか、それならまだしょうがないかな、と気長に構えてみたり、ミルクはこのくらい飲んでいたんだ、このあたりで乳首のサイズ新しく試してみようかな、などなど、同じ季節、同じような週数に同じような体重で生まれたイチタの成長記録が、ニコの生活リズムを作る教科書になっています。

 

イチタの時は生後4ヶ月まで続けた母乳、今回はイチタの赤ちゃん返り対策もあって2ヶ月目で早々に辞めたため、夜通し寝てくれるようになるのも早かった気がします。3カ月を迎える頃には、寝かしつけなしで眠ること、18時から19時の間に眠り始めたら、22時のミルクの時にわずかに起きるだけで翌朝7時頃までぐっすり眠る習慣がつき、とっても楽です。

 

イチタの就寝時間は20時過ぎなので、それまでイチタにじっくり向き合えるし、ニコも夜しっかり寝るおかげで日中起きている時間はご機嫌なことが多く、ジーナ式は親が楽なだけでなく、赤ちゃんのためでもある、というのを実感しています。

 

今年も夫とイチタが一足先に義実家へ行ったので今日と明日は私とニコのふたりきり。夜な夜なひとりでAmazon Prime映画祭り開催予定。明後日からニコにとって初めての年末年始、初めての義実家へのお泊まりです。生活リズムを乱さずに乗り越えられるか。。!

ジュニアNISA開設

イチタ2歳、ニコ2ヶ月、それぞれのジュニアNISA口座を開設しました。

 

私がSBI証券で積み立て投信をやっているので、子ども達の口座もこちらで開設。手続きは簡単で、ネットから資料請求すればすぐに申し込み用紙が送られてくるので、取引を行う親権者のマイナンバーカードと、子どもとの親子関係を証明する住民票の写しなどを添付して返送すればすぐでした。

唯一面倒なのが、私(大人)の証券口座は毎月の積み立て金額を登録した銀行口座から自動で移動してくれるのですが、未成年口座はできないので、手作業でお金を移動しなければならないこと。とはいえ資金の移動には手数料はかからないし、その程度の労力はかけるだけの価値はあるかなと思います。

 

これから子ども手当の一部を使って毎月インデックス投信を購入することにしました。

子どもたちのお金なので、攻めず、無理せず、小額をコツコツと。ジュニアNISAの非課税枠は気にせず、時間を味方につけて、ごくごく少額を長く育て続ける方針です。

 

私は今回の産休育休中も、金額は減らしたものの積立投資を続けていて、利益は着実に育ってくれています。仕事復帰したらまた積立額を増やすのが楽しみです。